親友の終活の為の引っ越し作業の手伝いをする。

親友が引っ越しをするそうなので手伝おうと思っています。
以前自分が引っ越しをする時に手伝ってもらったので、今度はお返しです。
ギブアンドテイクを続ける事で、この関係は保っていると私は思っています。
おばあちゃんのような歳の差の親友なので、やりにくい部分も正直ありますが、出来る事ならこの関係がずっと続いてくれる事を願っています。
2DKの家から8畳一間の部屋に引っ越しをすることになり、荷物の整理が大変です。
年齢のせいなのか、あまり物を捨てる事が出来ず、片付けが少し苦手な親友です。
私も断捨離は苦手なのですが、自分以上かもしれないと驚いた面もありました。
でもリサイクルに出せばよいのではないかと提案し、少しずつ作業は進み始めました。
私もいらないもので、必要なものは頂く事にしました。
その方が親友も喜んでくれますし、作業がはかどるからです。

引っ越しというのは本当に大変だと改めて思いました。
思い出の品などは、中々捨てることが出来ません。
でも今回の引っ越しは終活作業にもなるので、少しずつでいいので心の整理と共に進んでくれればいいなと思います。

今思う事は、引っ越しを手伝うというのは普通はあまり重みがないものだけど、終活の為の引っ越しとなるとのしかかる重圧は手伝う方にもあるなって思います。
そう考えると一つ一つの作業に愛情がわき、少しでも楽しみながら片付けられればいいなと思っています。